舞台芸術の革新迫る 村上春樹文学の世界性

「ねじまき鳥クロニクル」現実と幻覚の境目が出現