国連、中国台頭が再燃 専門機関のトップ増加

台湾、WHOに参加できず