自分の原点、所属コースと歩み続ける

プロゴルファー 藤田寛之