「対話の努力、なお課題」 来年こそ経営の最適解を

コロナ下の株主総会(4)