AIカメラ700台、客の興味見抜く 定説覆す売り場に

ディスカウント店のトライアル

スーパーセンタートライアル長沼店(千葉市)は関東初の「スマートストア」だ

大手ディスカウントストアのトライアルホールディングス(福岡市)が、客の行動分析を進めている。約700台に及ぶカメラを設置し、何を手に取り、どの棚で立ち止まったのかを可視化。「何を買ったか」だけでなく「何に興味を持ったか」まで踏み込み、客をひき付ける売り場を作る。

スーパーセンタートライアル長沼店(千葉市)は7月3日、自社開発のデジタル機器を活用した「スマートストア」として改装オープンした。

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り1817文字