金投資は目的ごとに選択肢 保有は地金、運用は投信