ノーベル経済学賞、宇沢、青木氏はなぜ受賞できなかったか

今年のノーベル経済学賞の受賞者は米プリンストン大学のアンガス・ディートン氏に決まった。ノーベル賞の中で日本人が唯一、受賞していないのが経済学賞。日本人の候補者として長年、名前が挙がってきた宇沢弘文氏が昨年秋、青木昌彦氏が今夏に死去し、今年は「日本人初の受賞者」への期待はあまり盛り上がっていなかった。宇沢氏と青木氏はなぜ、受賞できなかったのか。2人の研究業績と、ノーベル経済学賞の選考方法とを照らし

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り2794文字