「6兆円の反省を生かせ」 谷津・元農相に聞く

平成の開国

農相も務めた谷津義男(81)元自民党議員は、ウルグアイ・ラウンド対策の反省を環太平洋経済連携協定(TPP)に生かすべきだと訴える。1994年に貿易自由化の対策費として決めた6兆100億円もの予算は、農業と関係ない公共事業に多くが使われた。日本の農業生産額は約11兆円から8兆円に縮小し、農業従事者は65歳以上が約7割を占めるようになった。なぜ巨額の予算は有効に利用できなかったのか。当時の経緯を聞い

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り2509文字