コメ市場開放、国民福祉税騒動の遠因に

1991年に発足した宮沢内閣はコメ市場開放の「Xデー」を意識した布陣だった。加藤紘一官房長官、羽田孜蔵相、田名部匡省農相、近藤元次官房副長官と農林族の実力者をそろえた。宮沢喜一首相は石原官房副長官に「コメ市場開放問題を蹴飛ばすわけにはいかない」と伝えた。

当時、ウルグアイ・ラウンドの焦点は米国と欧州共同体(EC)の輸出補助金を巡る議論。宮沢内閣は「

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り176文字