TPP、専門家の見方

石毛博行・日本貿易振興機構理事長の話 合意には至らなかったが、難しい交渉の中で、日米がお互い何を守り、攻めるのかが明確になった。その理解を基に、交渉は加速すると考える。今後、日米が合意に向けて距離を縮めるには、環太平洋経済連携協定(TPP)の意義を再評価することが肝要だ。TPPは21世紀の新たな貿易・投資ルールを高い次元で策定し、ほかの大型自由貿易協定(FTA)も加速させる意義がある。日米の合意

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り242文字