舟山政務官「寄付という認識なく、返金した」

民主党の舟山康江農林水産政務官は1日、自らの資金管理団体「舟山やすえを支援する会」が当時の政策秘書から寄付を受けていたことについて「寄付という認識はなくお願いしたこともない」と述べた。その上で「受け取る筋合いのものでないので返金した」と話した。省内で記者団の質問に答えた。

寄付金は元秘書が舟山政務官の事務所を辞める前の2008年2月に返金されたが、同会の政治資金収支報告書には寄付や寄付の返還にあたる記載はない。舟山政務官はこの点について「一時期預かってすぐ返したので特に寄付として書くものでもないという認識だ」と説明した。

アプリで開く

日経電子版が2月末まで無料!
初割はいつでもキャンセルOK!