2人の死刑執行 静岡の短大生殺害など

野田政権で2回目

法務省は3日、死刑囚2人の刑を執行したと発表した。死刑執行は今年3月29日以来、約4カ月ぶり。野田佳彦内閣下では2回目となる。この日の執行で、未執行死刑囚は130人となった。滝実法相は3日午前の衆院法務委員会で「死刑執行は慎重に判断しなければならないが、今回は執行がやむを得ない事例と判断した」と述べた。

法務省によると、執行されたのは、服部純也死刑囚(40)=東京拘置所=と、松村恭造死刑囚(31)=大阪拘置所=の2人。

確定判決などによると、服部死刑囚は2002年1月22日夜、静岡県三島市の路上で、自転車で帰宅途中の女子短大生(当時19)を車に押し込み監禁。翌23日未明、同市内の山中で粘着テープで後ろ手に縛るなどした上、ライターで火を付けて殺害した。

服部死刑囚は計画性がないことを理由に一審では無期懲役判決を受けたが、二審は死刑を言い渡し、08年3月に最高裁が上告を棄却した。

松村死刑囚は07年1月16日、京都府長岡京市で伯母(当時57)の顔や首を刺すなどして殺害し、現金約2万円などを強奪。7日後には相模原市で大叔父(当時72)を金属棒で殴り、殺害するなどした。08年4月に死刑が確定した。

法務省では政務三役会議の中で絞首刑とされている現在の執行方法の是非などについて議論を進めている。

アプリで開く
日経電子版に登録すると、
有料会員限定の記事が月10本無料で読めます。