(おくやみ)上山春平氏が死去(元京都市立芸術大学長)

上山 春平氏(うえやま・しゅんぺい=元京都市立芸術大学長)3日、パーキンソン病のため死去、91歳。自宅は京都市右京区太秦垂箕山町8の11。告別式は近親者のみで行った。喪主は次女、あゆみさん。

専門は哲学。京都大文学部を卒業後、太平洋戦争に従軍。人間魚雷「回天」での出撃経験を持つ。戦後、同大学人文科学研究所教授、所長を経て名誉教授。国家や戦争、天皇制について論じた。京都国立博物館長も務めた。1994年、文化功労者。著書に「神々の体系」「空海」など。

アプリで開く
日経電子版に登録すると、
有料会員限定記事が毎月一定数無料で読めます。