NYで英訳の浪曲「皿屋敷」披露 元タレントの春野さん

【ニューヨーク=共同】東大出身の人気タレントから転身した浪曲師の春野恵子さんが5日、ニューヨーク中心部のホールで、英訳した浪曲「番町皿屋敷 お菊と播磨」を披露し、会場は約80人の観客で満員になった。

春野さんは取材に「浪曲は『一人ミュージカル』ともいわれる。そしてニューヨークはミュージカルの本場」と笑顔を見せた。今後も訪れて「エンターテインメントや日本文化に関心がある学生さんたちに向けて公演したい」と話した。

春野さんは英語浪曲のほか、字幕付きで日本語の浪曲も演じた。観客の一人で、米国で生まれ、2歳から16歳まで日本で育った槙島あるまゐらさん(18)は「昔の言葉が理解できないのではと心配したが、勢いと演技の迫力で10代でも感動できた。涙をこらえながら聞いた」と話した。

アプリで開く
日経電子版に登録すると、
有料会員限定記事が毎月一定数無料で読めます。