三笠宮家の彬子さまと瑶子さま入院

宮内庁は6日、三笠宮家の彬子さま(31)と瑶子さま(30)が慶応大学病院(東京・新宿)に入院されたと発表した。インドを53年ぶりに公式訪問されていた天皇、皇后両陛下は同日、帰国。彬子さまは羽田空港で両陛下を出迎えられた際に倒れた。検査で一時的な血圧低下がみられた。すでに正常に戻ったが大事を取られた。

瑶子さまは胃腸炎の疑いがあり、出迎えも欠席された。同庁はお二人の入院を「それほど長期間にはならない」としている。彬子さまは6日夜に出発予定だった米ハワイへの私的訪問を取りやめられた。

アプリで開く
日経電子版に登録すると、
有料会員限定記事が毎月一定数無料で読めます。