香川・坂出の3人殺害、死刑確定へ

香川県坂出市で2007年、義姉とその孫2人を殺害したとして殺人や死体遺棄などの罪に問われ、一、二審で死刑とされた無職、川崎政則被告(66)の上告審判決で、最高裁第1小法廷(白木勇裁判長)は12日、被告側上告を棄却した。死刑が確定する。

判決理由で同小法廷は「反省の態度を示していることなど、被告のために酌むべき事情を十分考慮しても、刑事責任は誠に重大で、死刑を是認せざるを得ない」とした。

判決によると、川崎被告は07年11月、金銭トラブルなどから、自宅で寝ていた義姉のパート従業員、三浦啓子さん(当時58)を包丁で刺して殺害。犯行を隠すため、一緒に寝ていた孫の山下茜ちゃん(当時5)、彩菜ちゃん(同3)姉妹も刺殺し、3人の遺体を港近くの空き地に埋めた。

アプリで開く

日経電子版が2月末まで無料!
初割はいつでもキャンセルOK!