がん遺伝子活性化の仕組み解明 京大、治療法開発へ一歩

京都大の高折晃史教授らは、がん遺伝子を変異させて働きを強める遺伝子を見つけた。がん遺伝子の特定の構造に働き掛けて間接的にがん化を促していた。新たながんの治療法開発に役立つ成果という。

研究論文が英科学誌サイエンティフィック・リポーツに13日、掲載された。

がんはがん遺伝子が過剰に働いたり、がん化を抑制する遺伝子の働きが弱まったりすると起こる。がん遺伝子は放射線や紫外線などで変異ができると、活発に働くようになる場合がある。

研究チームは乳がん患者のがん遺伝子の塩基配列で特定の変異が多いことに着目。免疫細胞で主に働く遺伝子「APOBEC3」から生まれるたんぱく質が関わっていることを突き止めた。

この遺伝子はリンパ腫の細胞では通常の約100倍働いていた。過剰に働くように遺伝子改変すると変異はさらに増えたという。

アプリで開く
日経電子版に登録すると、
有料会員限定記事が毎月一定数無料で読めます。