熊本の女性強殺、死刑確定 田尻被告が上告取り下げ

熊本県宇土市と熊本市で3人を殺傷し、現金を奪ったとして強盗殺人罪などに問われた無職、田尻賢一被告(41)が13日までに、最高裁への上告を取り下げた。田尻被告を死刑とした一、二審判決が確定した。取り下げは10日付。

一、二審判決によると、田尻被告は2004年3月、宇土市で女性(当時49)を殴って殺害し、現金を強奪。11年2月には熊本市の会社役員宅で役員の妻(当時65)を刺殺し、役員にも重傷を負わせて現金を奪うなどした。

アプリで開く

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!