中山死刑囚が病死 仮出所中に2人殺害

法務省は16日、仮出所中の1998年に大阪府豊中市で男女2人を殺害したとして殺人などの罪に問われ死刑が確定した中山進死刑囚(66)が15日夜、大阪医療刑務所で死亡したと発表した。法務省によると、死因は食道がん。

確定判決によると、中山死刑囚は98年2月、豊中市内の路上で交際相手の夫を手製のやりなどで刺殺し、一緒にいた別の女性も口封じのために殺害した。別の強盗殺人事件で73年に無期懲役が確定して服役。91年に仮出所していた。

アプリで開く

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!