東京・南青山の強殺、二審は無期懲役 死刑判決を破棄

妻子を殺した罪で服役を終えた半年後、東京・南青山で男性を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われた無職、伊能和夫被告(62)の控訴審判決公判が20日、東京高裁であった。村瀬均裁判長は死刑とした一審・東京地裁の裁判員裁判判決を破棄し、無期懲役を言い渡した。

一審判決は、殺害された被害者は1人だったが「出所して半年で冷酷非情な犯行に及んでおり、刑を決める上で前科を特に重視すべきだ」として死刑を選択した。

被告側は一、二審とも無罪を主張。控訴審で弁護側は「被告と犯行を結びつける直接証拠はない」などと主張していた。

一審判決は現場から被告の指紋が見つかり、靴底に男性の血液が付着していたことなどから男性宅への侵入を認定。事件直前に購入した包丁の形状と男性が刺された傷に矛盾はないとして、被告の犯行と判断した。

一、二審判決によると、被告は2009年11月15日、東京・南青山の飲食店店長、五十嵐信次さん(当時74)方に侵入、首を包丁で刺し、殺害した。

アプリで開く

日経電子版が2月末まで無料!
初割はいつでもキャンセルOK!