都知事選、討論会が相次ぎ中止・変更 出馬予定者そろわず

東京都知事選(2月9日投開票)の告示が今月23日に迫る中、出馬予定者の政策討論会が相次いで中止や内容変更に追い込まれている。出馬予定者の参加がそろわないためで、主催者らは「政策論争ができず、都民が適切に選択できない」と落胆する。日本記者クラブも告示前日の共同記者会見を取りやめ、一部の出馬予定者の個別会見に切り替える。

「告示前の最後の機会だったのに」。20日、東京都狛江市で開かれた知的障害者向け

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り808文字