NHK、2人を免職処分 無免許運転やデータ投稿

NHKは21日、取材用の車を1年5カ月にわたり無免許で運転していたとして、札幌放送局千歳報道室の漆原充孝記者(27)を懲戒免職処分にすると発表した。

また、NHKがビデオリサーチから有償で提供を受けている視聴率データを、無断でインターネットの掲示板に投稿したとして、大津放送局の男性ディレクター(27)を諭旨免職処分にする。いずれも28日付。

NHKによると、漆原記者は2009年7月に免許取り消し処分を受けたまま、千歳報道室に異動した同9月から今年1月にかけて車を運転。10年6~9月は車検も切れていた。内部調査に「免許がなければ報道室で仕事ができなくなると思い、言い出せなかった」と話しているという。

ディレクターは08年12月から今月上旬にかけ、NHKと民放各局の関東地区の約390日分の視聴率データを投稿。「ネットの世界で注目を集めたかった。絶対ばれないと思っていた」と話しているという。昨年末、ビデオリサーチからの指摘で発覚した。

NHKは「再発防止に向けて、職員の指導を徹底したい」としている。漆原記者の当時と現在の上司2人については、けん責とした。〔共同〕

アプリで開く
日経電子版に登録すると、
有料会員限定記事が毎月一定数無料で読めます。