一斉パフォーマンス「フラッシュモブ」で町おこし

街中で突然、人々が踊りや合唱を始めるパフォーマンス「フラッシュモブ」が注目を集めている。意外性が周囲の強い関心を引くことから、町おこしや企業PRに活用する例もあるが、公共施設や公道を使う場合は管理者の承諾が必要。専門家は「面白半分で実施すると、トラブルにつながる」と注意を促している。

2月下旬の昼下がり。東京都東村山市内の公園でバンドが演奏を始めると、近くにいた子供たちが次々と踊り始めた。親や近

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り1051文字