ヤジ問題、都議会が再発防止決議 「他の発言者」特定は否決

東京都議会は25日、本会議を開き、塩村文夏都議(35)=みんなの党=へのヤジ問題を受け、再発防止と信頼回復を目指す決議案を可決した。一方、ヤジの一部を認めた鈴木章浩都議(51)=自民党会派を離脱=の辞職を求める決議案と、ほかのヤジの発言者の特定を求める決議案は否決した。自民党などはこれで幕引きを図るが、一部会派からは徹底した真相解明を求める声が上がる。

吉野利明議長は「心を痛めた女性におわびする」と謝罪。全都議に向け「今回を教訓に議会運営ルールを順守し、品位を重んじた言動に努めてほしい」と呼びかけた。

決議されたのは自民、公明、民主、結いと維新、みんなの5会派が共同提出した案で「二度と起こらないよう都議会の信頼回復と再発防止に努める」との内容。鈴木都議が認めた「早く結婚したほうがいい」というヤジ以外にも、「産めないのか」など差別的なヤジがあったという指摘が出ているが、決議は言及しなかった。

塩村都議は本会議後、記者団に「複雑な気持ちだが、1つの区切りと思う」と話した。共産党の大山とも子幹事長は「これで幕引きにはさせない。ほかにもヤジを言った人はいる。名乗り出るべきだ」と訴えた。

舛添要一都知事は「(複数のヤジが)あったとすれば責任感をもって対応してほしい。五輪開催都市として都議会と一緒に努力したい」とした。

アプリで開く
日経電子版に登録すると、
有料会員限定記事が毎月一定数無料で読めます。