「やり尽くしたと思う」 松井選手の父がねぎらい

松井秀喜選手の父、昌雄さん(70)は28日、「けがに泣かされたことは無念と思っているだろうが、やり尽くした選手生活だったと思う」とねぎらい「たくさんのファンの方に支えられ、私も感謝している」と話した。

2007年からグラブを作ってきたミズノの職人、岸本耕作さん(55)も「現役を続けてほしかった。寂しい」と残念そうに話した。

岸本さんは職人としての最高位「マイスター」の称号を持つ。「捕球時にボール

アプリで開く

メールアドレスを入力すると続きが読めます(無料)

ご記入いただいたメールアドレスは日本経済新聞社が適切に管理し、会員向け記事をはじめ日経電子版をご紹介するメールの配信など、サービスご案内のためのみに利用します。日経IDなど、日経のサービスへ登録されることはございません。

入力いただいたメールアドレスにメールを送付しました。

メールのリンクをクリックすると記事を全文読めます。

※ 現在ご覧頂いている端末・ブラウザからアクセスしてください