三重 自民が15年ぶり議席奪還 吉川氏「勝利は悲願」

「県民のみなさんの心の支えがあったからこそ」。党として15年ぶりに参院での議席奪還を果たした三重選挙区の自民新人、吉川有美氏(39)は支援者に囲まれて高らかに万歳三唱。あいさつでは、くしゃくしゃになった顔の頬を大粒の涙が伝った。

「参院での勝利は悲願で、何としても議席を取り戻すという思いだった」。駆けつけた三重県選出の田村憲久厚生労働相や川崎二郎衆院議員らとがっちり握手を交わし、喜びを分かち合っ

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます
今なら2カ月無料キャンペーン実施中

残り277文字