東内閣府副大臣ら4人が辞表撤回 首相の慰留受け

菅直人首相は3日午前、内閣不信任案を巡り辞表を提出していた東祥三内閣府、鈴木克昌総務、三井辨雄国土交通の3副大臣と樋高剛環境政務官を慰留し、4人は了承した。4人は不信任案に賛成することを念頭に辞表を提出したが、首相の退陣表明を受け、反対に回った。一方、辞表を提出し、本会議を棄権した内山晃総務政務官の扱いについて、枝野幸男官房長官は同日の記者会見で、民主党執行部の処分を見極めて判断する考えを示した。

アプリで開く
日経電子版に登録すると、
有料会員限定の記事が月10本無料で読めます。