首相と福島氏、原発での食い違い参院予算委でも

社民党党首の福島瑞穂少子化・消費者担当相は5日の参院予算委員会で「社民党は脱原子力の政策だ。再生可能エネルギーや新エネルギーを開発すべきだ」と原子力発電推進に慎重な立場を示した。自民党の加

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り96文字