民主・石井氏、党震災副本部長を辞任 外遊ゴルフで

民主党の石井一副代表は9日の党役員会で、大型連休中にフィリピンでゴルフをしたことで批判を受けたため、党東日本大震災対策本部副本部長の辞任を申し出て、了承された。同行していた生方幸夫衆院消費者問題特別委員長、那谷屋正義参院総務委員長も同日、それぞれ辞表を提出した。

石井氏らは3~7日に「日比友好議員連盟」の活動でフィリピンを訪問。5日に現地関係者とゴルフをしていたとして、野党が批判していた。

石井氏は記者団に「非常に不適切とは認識していないが、もう少し自制しても良かった」と表明。副代表や選挙対策委員長などの役職は「党の要請があるなら継続していこうと思っている」と、続ける考えを示した。

民主党は生方氏の後任に、同党の石毛●(金へんに英)子氏を充てる人事を内定した。

アプリで開く
日経電子版に登録すると、
有料会員限定の記事が月10本無料で読めます。