野田内閣の官房機密費15億円 民主党政権で37億円支出

政府は11日の閣議で、野田内閣で計15億3000万円の内閣官房機密費(報償費)を国庫から支出したとする答弁書を決定した。期間は2011年9月2日の発足から12年12月26日まで。未使用額は約2172万円で、国庫に返納した。

政権交代した09年9月以降、民主党政権に支出された機密費の合計は37億2000万円だった。菅義偉官房長官は11日の記者会見で「民主党も政権を運営していく中で必要性を認めて、そのような支出になったのだろう」と述べた。

藤村修前官房長官は昨年12月に「支出相手方や支払い目的などは極めて秘匿性の高い情報で公開に適さない」との私案を公表。答弁書は私案について「必要に応じて参考にする」としている。

アプリで開く
日経電子版に登録すると、
有料会員限定の記事が月10本無料で読めます。