田村厚労相、5月に徳洲会幹部と会食

田村憲久厚生労働相は13日の衆院厚生労働委員会で、公職選挙法違反の疑いで強制捜査を受けている医療法人「徳洲会」グループの幹部と今年5月に会食したことを明らかにした。食事代は「支払ってもらった認識はない」と語った。

民主党の大西健介氏の質問に答えた。大西氏は当時の徳洲会副理事長だった鈴木隆夫理事長ら幹部4人のほか、自民党の佐藤勉国会対策委員長、7月の参院選に向け徳洲会が支援していた園田修光元衆院議員らがその場にいたと指摘。厚労相は「同僚議員に誘われてプライベートな会合に参加したところ、そこに(徳洲会幹部が)おられた」と説明した。

厚労相はこれまで会食について「記憶にない」と述べるにとどめていた。野党側はより詳細な事実関係の説明を求めている。

アプリで開く
日経電子版に登録すると、
有料会員限定の記事が月10本無料で読めます。