細川陣営、都知事選の準備手間取る 正式表明を再延期

東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)への細川護熙元首相の正式な出馬表明がずれ込んでいる。「脱原発」以外の柱となる公約の詰めを急いでおり、20年前に首相辞任の原因となった東京佐川急便からの1億円の借り入れ問題の説明も避けて通れない。陣営は急ごしらえの体制で準備不足が否めず、17日に予定していた記者会見は週明けに延期された。

細川氏の陣営は16日に都内で関係者が集まり、記者会見や討論会などの準

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り916文字