民主党政権「衣装を替えた自民党政治」 共産・不破氏が講演

共産党は18日、都内で党創立90周年記念の講演会を開いた。不破哲三前議長は民主党政権について「政権交代を実践してみると、衣装だけを替え、自民党政治を続けていることが明らかになった」と批判した。「米国や財界の言いなりだ」とも指摘した。

志位和夫委員長は「消費税に頼らない別の道がある。ここが大事なところだ」と強調した。同じ消費増税に反対するみんなの党や新党「国民の生活が第一」の主張について「増税の前にやるべきことがあるというのでは明るい展望は見えない」と批判した。

アプリで開く
日経電子版に登録すると、
有料会員限定記事が毎月一定数無料で読めます。