公明、衆参5人を追加公認

公明党は20日の中央幹事会で、次期衆院選の比例代表東北ブロックに新人で党職員の真山祐一氏を擁立することを決めた。公認は小選挙区9人、比例代表24人の計33人になった。来夏の参院選の比例代表に新人で元衆院議員の若松謙維氏、現職の魚住裕一郎、山本香苗、山本博司各氏の計4人も公認した。

アプリで開く
日経電子版に登録すると、
有料会員限定の記事が月10本無料で読めます。