12月上旬にTPP閣僚会合 シンガポール開催で調整

環太平洋経済連携協定(TPP)を巡る交渉で、米国や日本など12カ国が12月7~9日にシンガポールで閣僚会合を開く方向で調整していることがわかった。日本からは甘利明経済財政・再生相が出席する予定。米国が主導する交渉の年内妥結に向けたヤマ場になる。難航する農産物や工業品の関税交渉が政治決着できるかが焦点になる。

11月には参加国の首席交渉官が集まり、知的財産権の保護や国有企業の優遇措置をな

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り194文字