韓国、情報機関の前トップを起訴

【ソウル=小倉健太郎】韓国のソウル中央地検は14日、情報機関である国家情報院の元世勲(ウォン・セフン)前院長を在宅起訴した。2012年12月の大統領選などで、野党候補をインターネットを通じて攻撃するよう職員に指示したとして、公選法違反などの疑いがあるとしている。ネットの匿名性を利用して国家機関が世論操作をした可能性がある。

アプリで開く

日経電子版が2月末まで無料!
初割はいつでもキャンセルOK!