ミャンマー大統領府相の講演要旨

ソー・テイン ミャンマー大統領府相 ミャンマーでは今、前例のない改革が進み、初めて民主化や少数民族との和平の時代に移りつつある。

「アジアの未来」のテーマに合わせ20年後を考えると、ミャンマーは2034年までには民主主義の国になっているだろう。その意味では15年の総選挙は大きな節目になる。公正な司法や治安機関など、民主主義の要素は選挙の結果によっても左右される。

経済政策では付加価値のある製品の

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り344文字