兵庫県養父市で農業特区が始動へ

国家戦略特区の農業特区が兵庫県養父市で始動する。農地の売買・賃貸借の許可業務を市に移すことに同市の農業委員会が大筋で同意し、27日夕の臨時総会で正式に決める。耕作放棄地の解消を目指す特区の目玉事業に道筋が付いたことで、早ければ今夏にも区域計画が認定される見通しだ。

養父市が農業特区に指定されたのは3月。ところが農業委員会は4月に許可業務の移譲について、市が地元に十分な説明なしに特区申請したことを

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り430文字