地盤ネットの山本社長「過剰な地盤改良工事をなくすのがビジネス」

地盤の解析や品質証明を請け負う地盤ネットが21日、東証マザーズに上場した。初値は公募・売り出し価格(720円)を96%上回る1412円、終値は1712円だった。同日記者会見した山本強社長は「住宅業界全般が業者と消費者の格差が大きいなか、完全に消費者の味方ということでスタートしている。我々のビジネスは過剰な改良工事をなくすことだ」と述べた。主なやり取りは以下の通り。

――強み、特徴は。

記者会見する地盤ネットの山本強社長(21日、東証)

「地盤の解析

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り687文字