ソフトバンク小林取締役が辞任へ 杉内投手に不用意発言

巨人移籍が決まった杉内俊哉投手に対し、昨季オフの契約更改でフリーエージェント(FA)権行使に言及した際「手を挙げる球団がありますか」と発言したとされるソフトバンクの小林至取締役が、引責での取締役辞任を申し出た。笠井和彦オーナー代行が20日、明らかにした。

笠井オーナー代行は「けさ取締役を辞任したいと申し入れがあった」と話した。小林氏は球団には残り、今後は海外のスカウトなどを担当する見通し。同オーナー代行に対し「不用意な発言で杉内投手にご迷惑をお掛けした。誤解を生む発言をしてしまった」と、辞任の理由を説明したという。〔共同〕

アプリで開く
日経電子版に登録すると、
有料会員限定記事が毎月一定数無料で読めます。