青野が2位 スノーボードW杯、松本は5位

スノーボードのワールドカップ(W杯)は3日、スイスのザースフェーでハーフパイプ(HP)第2戦を行い、男子で青野令(松山大)が91.3点で2位に入った。ユーリ・ポドラドチコフ(スイス)が95.3点で優勝した。

女子はケラルト・カステリェト(スペイン)が87.0点で勝ち、松本遥奈(クルーズ)が70.5点で5位に入った。〔共同〕

アプリで開く
日経電子版に登録すると、
有料会員限定の記事が月10本無料で読めます。