大田区のNPO、「商店街」テーマに映画 11年公開

非営利組織(NPO)のワップフィルム(東京・大田)は羽田空港の国際化と街の活性化をテーマにした映画「商店街な人」を制作する。東京都大田区が全ロケ地を無償で提供したり、助成金を出すなど全面的に支援。区内の商店街振興に役立てる。

監督以外のスタッフは全員同区の出身。同区役所や羽田空港、商店街、京浜急行電鉄の駅などをロケ地に撮影に入った。2011年に区内20カ所をはじめ、全国での公開を予定している。映画は元商社マンと新聞記者のカップルが羽田空港の国際化を機に、同区蒲田の商店街の活性化に取り組むというストーリー。

同NPOは11年以降も同区をテーマにした映画を作成する予定。

アプリで開く
日経電子版に登録すると、
有料会員限定の記事が月10本無料で読めます。