LED照明、早大ビジネススクールが企画 台湾社と共同で

台湾・奇美実業傘下の家電メーカーと早稲田大学ビジネススクールが共同で、日本市場向けに発光ダイオード(LED)照明の新商品を企画するプロジェクトを始めた。学生に企画案を競わせ、最も優れた作品の商品化を検討する。電機業界で日本と台湾との連携が進むなか、学生は台湾流のものづくりの過程を学べる。台湾のメーカーは日本の消費者の視点から商品提案を得られる。

奇美実業傘下の新視代科技と、早大ビジネススクールの

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り352文字