神奈川の官民、観光産業で競演 学生が光る技術取材

工場地帯や中小企業を広く一般市民や大学生に知ってもらう活動が広まっている。観光資源や市民の交流の機会として活用するだけでなく、光る技術などがありながら埋没しがちな地元の中小企業を大学生が取材し、理解を深めるなど新たな試みも見られる。ともに地域の活性化に結びつけるのが狙いだ。

神奈川県は2013年から県内の産業観光施設112カ所の情報を発信するウェブサイトを構築し、公開を始めた。京浜臨海部を中心に

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り828文字