参院、民主2委員長を解任 後任に自民・山東氏ら

参院は5日未明の本会議で、民主党の水岡俊一内閣委員長と大久保勉経済産業委員長の解任決議を自民、公明両党の賛成多数で可決した。後任の内閣委員長に自民党の山東昭子氏、経産委員長に同党の北川イッセイ氏をそれぞれ選出した。野党の委員長を解任したのは衆参両院で初めて。

参院では国家戦略特区法案と独占禁止法改正案の審議が進んでいないことから、両法案の今国会成立を目指す自公両党が内閣、経産両委員長の解任決議案を提出。両委員長を民主党から自民党にすげ替える異例の事態となった。

参院では5月に自民党の川口順子環境委員長の解任決議を可決したことがある。

一方、5日未明の本会議では民主党などが提出した自民党の岩城光英議院運営委員長の解任決議案も採決。自公両党の反対多数で否決された。

常任委員長

[内閣]山東 昭子氏(さんとう・あきこ=自民)文化学院卒、科学技術庁長官、参院副議長。比例、当選7回、71歳。

[経済産業]北川 イッセイ氏(きたがわ・いっせい=自民)関西大卒、防衛政務官、環境委員長。大阪選挙区、当選2回、71歳。

アプリで開く
日経電子版に登録すると、
有料会員限定の記事が月10本無料で読めます。