民主都連に歓迎の声、自民はピリピリ 細川氏出馬意向

2月9日投開票の都知事選を巡り、元首相の細川護熙氏(75)が出馬の意向を固めた。細川氏に出馬を打診していったん固辞された民主党の一部都議から期待の声が上がる一方、元厚生労働相の舛添要一氏(65)の支援を決めたばかりの自民党の都議は、知名度抜群のライバルを警戒する。他陣営からは「脱原発以外の政策が見えない」との指摘が目立った。

「細川さんなら十分に勝てる。面白くなってきた」。民主党都連の内部では歓

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り727文字