「質問の事前通告、論戦充実に必要」 識者に聞く

増山幹高・政策研究大学院大教授の話 国会論戦は一般の討論と違い、検証可能な議事録であり、政治家や党の公的見解として残される。慎重に考えて発言されるべきだ。「答えられない」との答弁で議論が不完全燃焼にならないよう、質問内容を事前通告するルールの必要

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り126文字