経済・政治

外交からの「総総分離」論

「総総分離という手がある」。自民党内で浮上している安倍晋三首相の党総裁4選論に、首相の外交ブレーンの一人はこう返す。 「総総分離」は総理(首相)と総裁を別の人物が務める手法だ。自民党内でたびたび持ち上がったことがあるが、一度も実現したことはない。一歩手前までいったのは1982年10月に鈴木善幸首相が退陣表明したときの後継選びだ。 鈴木、田中、中曽根の主流派は話し合いで「中曽根康弘総理・総裁」の選
外交からの「総総分離」論
外交からの「総総分離」論