トップへ戻る

白鳥 和生

白鳥 和生

カバージャンル

  • 流通
  • 消費
  • SDGs
  • 文章術

経歴

現職は総合編集センター調査グループ次長。読者調査などを担当する一方、国学院大学経済学部の非常勤講師として「マーケティング」「現代ビジネス」の科目を担当する。専門は流通と消費。日本大学大学院で企業の社会的責任(CSR)と持続可能な開発目標(SDGs)を研究し、2020年に博士(総合社会文化)の学位を取得する。

活動実績

2021年7月31日 単著「即!ビジネスで使える新聞記者式伝わる文章術 数字・ファクト・ロジックで説得力をつくる」(CCCメディアハウス)を出版
2021年7月30日 食品産業文化振興会で「流通と消費の今を読む レジリエンス時代の課題と展望」をテーマに講演
2021年6月23日 日本チェーンストア協会中国支部で「レジリエンスが求められる時代」をテーマに講演
2021年5月26日 日本惣菜協会のシンポジウム「中食2030 ニューノーマル時代の新たな食をめざして」モデレーター
2021年5月18日 オギノFSP研究会で「レジリエンスが求められる時代 消費の変化と企業に求められるもの」講演
2021年3月24日 東京商工会議所商業卸売部会で「コロナ禍における流通業界の課題と展望」講演