統一地方選挙 2019

地方の選挙、無投票が多すぎる?

(スグ効くニュース解説)

4年に一度の統一地方選が終わりました。せっかくの投票権を行使できない無投票が多すぎませんか。
大阪府議選では大阪市内の選挙区でも無投票になった
地方の選挙、無投票が多すぎる?

市長選、自民が堅調 統一地方選後半戦まとめ読み

第19回統一地方選は21日、後半戦の市区町村長選・市区町村議選が投開票(一部は22日開票)された。県庁所在地の市長選のうち、長崎では現職が4選した。水戸では現職が3選、大分でも現職が再選した。自民党は知事選などの前半戦に続き堅調だった。 ■大分市長選、佐藤氏が再選■水戸市長選、高橋氏が3選■長崎市長選、田上氏が4選 ■期日前投票は11.8% 全国の303市区議選■市長・東京区長選の開票状況■投票率
市長選、自民が堅調 統一地方選後半戦まとめ読み

維新、市長選2勝1敗 ダブル選勢い持続

大阪維新の会が新人を擁立した大阪府池田、吹田、八尾の3市長選は21日、池田、八尾両市で大阪維新が、吹田市で無所属現職が勝利した。維新は統一地方選前半戦の府知事、大阪市長のダブル選で大勝、府議選と大阪市議選でも議席を大きく伸ばし、勢いを持続して府内自治体の他の首長ポスト獲得につなげた。 維新代表の松井一郎大阪市長はツイッターに「統一地方選挙に参加された全ての皆さんに『感謝』です」と投稿した。 新人
維新、市長選2勝1敗 ダブル選勢い持続

市長・東京区長選の開票状況

4月21日に投票された統一地方選の市長・東京区長選の開
共同
市長・東京区長選の開票状況

神奈川県大和市、「歩きスマホ」禁止条例なぜ制定?

神奈川県のほぼ中央部に位置し、東京都や横浜市のベッドタウンとして発展してきた大和市が今、全国的に注目を集めている。新型コロナウイルスの感染拡大が始まった4月にマスク着用条例、7月には「歩きスマホ」禁止条例をそれぞれ全国で初めて施行した。健康を市政運営の柱に据え、子育て支援にも積極的だ。大木哲市長に取り組みの狙いと現在の状況などを聞いた。(日経グローカル395号に詳報) ――「歩きスマホ」禁止条例
小田急線、相鉄線の大和駅前にある「歩きスマホ」禁止を訴えるのぼり
神奈川県大和市、「歩きスマホ」禁止条例なぜ制定?

河井夫妻「合法」検察「報酬の現金」趣旨巡り全面対決

2019年参院選を巡る公職選挙法違反事件の裁判は、検察側と被告側が全面対決する構図となった。前法相の河井克行被告(57)と妻で参院議員の案里被告(46)は25日、東京地裁での初公判で無罪を主張。地元議員らへの現金提供は選挙買収目的とする検察側に反論し、政治活動に伴う合法なやり取りと訴えた。 公判での最大の争点は地元議員ら100人に提供された現金計約2900万円が参院選での集票を依頼する趣旨だった
河井克行被告(左)と河井案里被告=共同
河井夫妻「合法」検察「報酬の現金」趣旨巡り全面対決

スケジュール

前半
3月21日(木) 知事 告示
24日(日) 政令市長 告示
29日(金) 道府県議・政令市議 告示
4月7日(日) 投開票
後半
4月14日(日) 一般市長・市議 告示
14日(日) 東京区長・東京区議 告示
16日(火) 町村長・町村議 告示
4月21日(日) 投開票